当店のアロマセラピーについて

 

アロマセラピーの原点へ

そしてさらなる進化へ

 

いう、温故知新が当店のモットーになっております。

 

アロマセラピーというと、香り。が思い浮かぶかと思います。

ですが、ただの香りの作用だけではありません。

 

アロマセラピーの歴史は、

まず初めに、フランスでアロマテラピーという言葉がつくられました。

そのきっかけは、香りではなく、ラベンダーという精油の持つ

抗炎症作用、鎮痛作用などの効能の発見によりました。

それから、イギリスではトリートメントという手技をもちいて

精油を塗布する方法が確立されました。

その技法はただの塗布ではなく、

自律神経や筋肉にも働きかける方法でした。

 

当サロンでは、その伝統的手法を基にした手技でトリートメントを行います。

 

また、トリートメントで使用する精油ですが、

精油とは、植物から抽出された純植物由来成分です。

この自然の恵みを使用するにあたって、

成分分析の正確さだけではなく、どう生産されたか、という事も大切だと考えています。 

 

国産精油のyuicaは西洋とは異なる、新しい種類の精油をも抽出しています。

そして、その精油の原料は森林を保全していく上で採られたものになるので、

無理な伐採などは全く行っていません。

緑のある自然が元気でいられると、人間にもその恩恵は巡ってくると信じています。

 

まずは身近に精油のパワーでその恩恵を感じてもらえたらと思います。